当院での無痛分娩(和痛分娩)について

はじめに

当院では希望の方に硬膜外麻酔による無痛分娩(和痛分娩)を行っています。
無痛(和痛)にすることにより、陣痛に対する恐怖心や、身体の緊張を取り除き、快適な出産を目指すことができます。

方法

分娩の初期に硬膜外麻酔のカテーテルを脊柱、硬膜外腔に留置します。
陣痛が来て分娩が順調である見通しであり、子宮口が3~5cm開大し、患者さんが鎮痛を望まれた時点から麻酔のお薬の投与を開始し、鎮痛効果を得ます。
お薬の投与は、硬膜外カテーテルからの注入、および持続投与法にて行っています。この方法は、分娩経過に与える影響を最小限にすべく開発された方法です。

効果

鎮痛効果は80%以上を目指します。痛みはひとにより感じ方が大分ちがいますが、客観的に評価します。麻酔を使ったからといって、痛みが全くなくなるわけではありませんが、 緊張をとり、快適にお産の第1~2期を乗り切ることを目的とします。分娩時は、陣痛もわかり、下肢も動き、いきむことができ、産んだ実感が味わえる状態が理想的と考えます。出産後、数時間は麻酔の影響が残ります。また、麻酔したことにより出産時の傷が特に痛むということはありません。

副作用、リスク

・麻酔が効くとお母さんの血圧が下がることがあります。予防として、入院後充分な点滴を行います。
・胎児の心音が下がることもあります。この場合は、個々の対応となります。帝王切開になることもあります。
・麻酔により、陣痛が弱くなり娩出力が弱くなる場合は、陣痛促進剤の使用、吸引分娩となることもあります。
・麻酔の使用により帝王切開になる率は変わらないとされています。
・その他、突発的な問題 ― 頭痛、局所麻酔中毒、感染、出血、神経障害、薬液のクモ膜下腔誤注入など。

分娩中の過ごし方

陣痛発来または入院時より、禁飲食です。場合によっては、胃酸を抑えるお薬を使用することもあります。 家で陣痛が始まったと感じたら、飲食せずにお越しください。
怒責(いきみ)を開始するまでは横向きで過ごします。歩行はしません。(トイレも分娩台で)
定期的に血圧を測ります。
いきむ段階(分娩第 2 期)になったらあまりいきむ感じがなくても頑張っていきんで元気な赤ちゃんを産んでください。

○無痛分娩ができない場合

・お産の進行が正常ではない場合。児頭の下降が悪い場合。児心音に問題がある場合。
・脊柱周辺の問題で安全にカテーテルが留置できない場合。(背骨が曲がっている、肥満、脊柱の手術歴がある その他合併症がある場合)
・また、お産の進行が速く、その必要ないと判断した場合は施行しないこともあります。(入院時にもう生まれそうなとき)

*余裕をもって無痛分娩をするためには、計画分娩をおすすめします。計画分娩については、個々にご相談いたします。当院では、計画分娩の前処置時には麻酔は使用しません。
*無痛分娩でもお産の勉強は大切です。必ず、母親学級などで正常なお産の勉強をしてください。
*鎮痛効果によらず、代金は発生します。代金は 麻酔使用に係る安全への技術や管理に対するものと考えております。12~15 万円とさせていただきます。(分娩の時間帯や休日、麻酔の使用時間などにより変わります)

» サブウィンドウを閉じる