オーソモレキュラー療法

1、オーソモレキュラー療法とは。

オーソモレキュラー療法(分子整合栄養療法)では、私たちの身体をつくる 60 兆個の細胞が若しすべて栄養満点であったらその機能に異常はなく病気にはならないと考えます。しかし、産まれた直後から様々なストレス、不適切な環境、食事、加齢、遺伝子の変異などを受け続け、 私たちの身体はその健康を保つために絶妙なバランスを必要とされるのです。 オーソモレキュラー療法は現在の身体の栄養状態を血液検査により推察し、栄養を補うことで身体の自然治癒力を最大限に引き出し、愁訴や病気を改善、予防することができる治療法です。
栄養を整えるということは、身体に対する総合的なアプローチであるため診療科目は関係なく、改善されるのは一つの愁訴や病態だけでなく、思いがけない改善を得ることもあり、このことは他の治療法とは異なります。
当院では今までなかなか治すことが困難だった愁訴にこの治療法がとても良く適応することがわかり、取り入れました。

<歴史> 1960 年代 ライナス・ポーリング博士(2 個のノーベル賞受賞、「ビタミン C と風邪」の著書で日本でも有名)、アブラム・ホッファー博士(栄養素による統合失調症の治療研究)は、精神疾患の原因は脳内の酵素の機能異常が原因ではないかと考え、研究実証され オーソモレキュラー療法を確立されました。その後欧米ではすべての分野にオーソモレキュラー療法が応用されています。2005 年ヒュー・リオルダン博士は「高濃度ビタミンCは選択的にがん細胞を殺し、正常細胞にはダメージを与えない」という論文を発表し、現在世界中で行われている高濃度ビタミン C 点滴療法の基礎となりました。オーソモレキュラー療法は現在では膨大な研究の蓄積のもと、ほぼすべての医療分野において応用されており、また、日本では血液データ解析から栄養状態を読み取る独自の方法が開発され、すでに多くの医療機関で取り入れられて発展をし続けています。

オーソモレキュラー.jp

2、方法

① 栄養状態の解析のために 60 項目以上のの詳細な血液検査を行います。(通常は15~20 項目です)その結果をオーソモレキュラー的に解析することにより不足している栄養素、代謝の状況を読み取り使用するサプリメントの種類や至適量を選択します。また、効果判定のために定期的に血液検査を行い症状やデータの改善を確認します。
おひとりおひとりのデータに基づいての治療であるため、同じ症状や同じ病名でも使うサプリメントやその投与量は異なります。症状や病名から選ぶ方法とは理論の面から全く異なるものです。

② 食餌や生活面の改善
身体を整えるためには食餌や生活面を整えることは必須となります。
食餌による血糖値のコントロールはオーソモレキュラー療法のかなめでもあり、サプリメントと同等の比重が置かれます。
細かい指導をさせていただきます。

3、サプリメントについて

栄養療法のために開発された医療用サプリメントを用います。長期摂取も問題なく、他の薬の効果を高め、副作用を和らげるもので、現在受けている治療法と併用できます。

特徴

・医療機関でのみ取り扱われるサプリメントです
・医師の使用に耐えうる高品質材料を使用しています
・高単位で効率のよい摂取が可能です
・天然物由来の混合体で作っています
・日本人の体質に合うように研究開発されています
・GMP 工場(公益財団法人日本健康栄養食品協会認定)において厳重な管理基準のもと製造されています

投与量について

サプリメントの投与量は至適量にすることが病態改善のポイントとなります。至適量とはその人の全ての細胞が最適に機能するために必要となる栄養素の量をいいます。各人の栄養状態により異なります。サプリメントは 1 月に1 万~数万円(税別)の目安となります。

4、検査について

  • ○栄養解析セット(今の栄養状態を知りたい方、原因不明の愁訴に悩んでいる方
    基本検査約 70 項目
    (内容は 全身生化学検査、胃の検査(ペプシノーゲン、ピロリ菌)、DHEA-S(性ホルモン)
    ビタミンD、糖代謝関連(GA,1.5AG,インスリン)、炎症系 などが含まれます)
  • ○5 時間糖負荷試験(血糖値とインスリンの変動を 5 時間にわたり調べる検査)
  • ○随時血糖測定検査(日常生活における血糖値の変動を調べる検査 1 週間以上 2 週間まで)
  • ○その他
  • ○2 回目以降の検査は3~6か月以降、適宜となります。(項目は調整します)

5、費用について (税別)

オーソモレキュラー療法 初診料 2,500 円
再診料 1,300 円(3 か月以内)
栄養解析検査 25,600 円(解析、レポート料含む)
5 時間糖負荷試験 10,000 円
随時血糖測定検査 15,000 円

6、受診ご希望の方

栄養解析をご希望の方は、電話予約をお願いいたします。検査は 8 時間以上の禁飲食(お水だけ可)ののちの検査となります。
また、すぐに検査希望の方は解析情報シート(3 枚)をダウンロードのうえ、記入してお持ちください。
また、栄養解析は受けないけれど症状から栄養の状態を推測してほしい方は
栄養チェックシート(2 枚)消化管チェックシート(2 枚)をダウンロードの上記入してお持ちください。
記入はもれなくお願いいたします。

〒175-0092 東京都板橋区赤塚6-23-14
TEL 03-3939-0096

■東武東上線
・下赤塚駅北口よりバスにて3分
・下赤塚駅北口より徒歩13分
・成増駅北口よりタクシーにて5分
■東京メトロ有楽町線/副都心線
・地下鉄赤塚駅より徒歩15分
・地下鉄成増駅よりタクシーにて7分

※駐車場完備

診療科目
内科
泌尿器科
産婦人科
人工透析
オーソモレキュラー療法
治験のご案内
健診・検診
板橋区検診
特定健康診査
企業健診
  • スタッフ募集
  • 診療予約
  • 携帯サイト:QRコード
  • 治験のご案内
△ページトップへ