人工透析

2010年4月にリニューアルオープンした13床の透析室です。
同時に最新の透析機器と透析情報管理システムを導入して迅速・安全な透析を提供し、また小規模ならではの細部まで行き届いたケアを実現します。

透析液は心機能抑制や血圧低下作用のある酢酸を含まないカーボスター(味の素ファルマ)を使用することで透析後の疲労感を改善し、血行動態への悪影響を軽減しています。

窓が多く明るい空間で、少しでも快適に透析を受けられるよう各ベッドに無料のテレビを設置しており、終了時には当院オリジナルの軽食を準備させていただきます。

早朝透析を開始しました。詳しくはご連絡ください。

よくあるご質問

入院は可能ですか?
当院には入院施設があり、透析後の疲労感が強い、風邪・下痢など体調がすぐれないなどの場合、入院が出来るため安心です。またショートステイも受け付けております。
送迎はありますか?
自力での通院が困難な患者さまには専用車での送迎を行っており、車椅子にも対応しております。
専用駐車場も完備していますのでお車での通院透析も可能です。
※有料サービスになります。
他の病院との連携はどうなっていますか?
日本大学医学部付属病院、帝京大学医学部付属病院、東京都健康長寿医療センター、代々木山下医院、春口クリニックと連携しており、必要に応じてご紹介しております。
生活保護受給者の透析の受け入れはありますか?
当院は生活保護指定医療機関であり、受け入れが可能です。
近日中に透析が必要になると言われ、そちらでの導入を検討しているのですが受診の手順が分かりません。
まずは紹介状持参で外来をご受診ください。
また、透析室の見学は随時受け付けておりますのでお気軽にご連絡ください。

診療時間・サービス

外来通院透析

月・水・金 午前・午後
火・木・土 午前

入院透析

随時行っております。

  • 透析終了後、当院のオリジナル軽食を提供させて頂いています。
  • ドア to ドアの送迎車による送迎サービスを行っています。(有料)
  • 透析後、疲労感が強い、風邪・下痢など体調がすぐれないなどの場合、入院が出来るため安心です。

栄養指導(予約制)

主に透析をされている方を対象としています。

内容 効果
1.透析間の体重増 透析患者様は透析間の体重の増えが多すぎると体に大きな負担がかかるため飲水量の制限があります。
塩分のとりすぎは口渇を招くので飲水過剰につながるため、減塩をすることで、水分を制限し、透析間の体重増加を適正にすることができます。
2.水分について
3.塩分
4.リン制限 リン・カリウムの摂取過剰による合併症を防ぐことができます。
5.カリウム制限

内科同様、対象者の食習慣や嗜好をできるだけ把握するようにしています。
食事療法は透析を続ける限り一生行わなければいけないものなど、対象者毎に実行可能な方法を指導するようにしています。

〒175-0092 東京都板橋区赤塚6-23-14
TEL 03-3939-0096

■東武東上線
・下赤塚駅北口よりバスにて3分
・下赤塚駅北口より徒歩13分
・成増駅北口よりタクシーにて5分
■東京メトロ有楽町線
・地下鉄赤塚駅より徒歩15分
・地下鉄成増駅よりタクシーにて7分

※駐車場完備

診療科目
内科
泌尿器科
産婦人科
人工透析
治験のご案内
健診・検診
板橋区検診
特定健康診査
企業健診
  • スタッフ募集
  • 診療予約
  • 携帯サイト:QRコード
  • 治験のご案内
△ページトップへ